末吉日記

マンガとアニメのレビューとプリズムの煌めき

アイカツ!108話「想いはリンゴにこめて」 リンゴにこめられた3つの想い

108話「想いはリンゴにこめて」には、主要な小道具としてリンゴが登場します。スミレがリンゴにこめたのは、いったいどのような想いなのでしょうか。スミレの作る焼きリンゴには以下のスミレの三つの想いがこめられていると、私は考えます。

1.ロリゴシックというブランドに対する理解

2.ロリゴシックと姉に対する愛の結晶

3.ユリカという「白雪姫」と対峙するための小道具

 これら三点について、それぞれ解説していきます。

f:id:yoshidastone:20150911033549j:plain

 

 

1―『理解』について。

ユリカのCMの撮影現場においてスミレは、ロリゴシックのダークなイメージと白雪姫という童話の残酷さが似合うはず、と指摘します。この指摘をユリカは「あなた、なかなか鋭いわね」と高く評価します。

f:id:yoshidastone:20150911033411j:plain

新作ドレスについて考えるときも、スミレはユリカと認識が一致している「ロリゴシックの持つダークさ」に着目します。新作ドレスにも「ダークさ」がこめられているならば、白雪姫にとって毒であっても、ドレスにはリンゴがついているはずと考え、ドーナツに加えて焼きリンゴも差し入れに持っていくこととするのでした。

そして、魔夜の部屋にて実際の新作ドレスと対面した時に、スミレは「ついてる!リンゴ!」と喜びをあらわにします。これは、自分のロリゴシックに対する理解が正しかったことを確かめられた喜びのあらわれでしょう。スミレは、自身のブランドへの理解を、リンゴによって示したのでした。

 

2―『愛』について。

氷上スミレは、姉である氷上あずさとの強い結びつきが描かれているキャラクターです。「いいこと占い」はあずさの教えによるものですし、スミレにスターライト学園を紹介して勧めたのもあずさでした。スミレのパーソナリティにはあずさの影響が色濃くあるわけですが、スミレがロリゴシックに興味をもつようになったのも、あずさからの影響ゆえでした。

魔夜の屋敷でスミレがロリゴシックに関するクイズを解く際、ユリカがモデルとして写るポスターを見ながら想い浮かべるのは、姉との思い出です。「ゴスマジックコーデ」で思い出すのは、それを真似て母が縫ったドレスを着た姉の姿ですし、「ブリティッシュコーデ」で思い出すのは、母が真似て縫ったドレスを着た自分に対する、姉の「すっごく可愛い」という賞賛でした。スミレのロリゴシックへの愛着は姉によってもたらされ、姉とともに育まれてきたものでした。

そして、スミレが差し入れとして持っていく「焼きリンゴ」もまた、姉によってもたらされ、育まれてきたものです。

f:id:yoshidastone:20160615020344j:plain

スミレにとって、ロリゴシックへの愛と姉への愛は密接に結びついて切り離せないものであり、焼きリンゴはその双方に対する愛の結晶として選ばれたものだと考えられます。

 

3―『小道具』について。

結果としてはスミレの手に渡る「スノープリンセスコーデ」ですが、もともとはユリカのために作られていたドレスでした。CM撮影の際、ユリカが魔夜のドレス作りの進捗を把握していることや、ユリカのもとへ届いた魔夜のメールの文面などから、このドレスがユリカのために作られたものであったことは明らかです。

f:id:yoshidastone:20150911033734j:plain

「ユリカに似合いそうな 新作ドレスが出来たよ 見て欲しいんだけど忙しいかな?」

つまり、この「スノープリンセスコーデ」は、魔夜がユリカを白雪姫と見立てて作ったものということになります。

さて、ここで一つの疑問が生まれます。魔夜にとってユリカが白雪姫なのだとすれば、スミレの役回りとは一体何なのでしょうか。もう一人の白雪姫でしょうか?その問いに答える、スミレの役回りを最も端的に示す場面が、次のシーンです。

魔夜の屋敷にて、スミレが鏡に問いかけられる場面。鏡から「鏡よ鏡、世界で一番ロリゴシックのドレスが好きなのはだあれ?」と問いかけられたとき、スミレは鏡の中にユリカの姿を見ます。

f:id:yoshidastone:20150911034011j:plain

f:id:yoshidastone:20150911034052j:plain

これは、童話の白雪姫において、女王が「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?」と鏡に問いかけたときに、鏡が白雪姫の姿を映すくだりと明確に対応しています。つまり、スミレが鏡にユリカの姿を見ることは、女王が鏡に白雪姫を見ることと対応する表現であるということです。ここに、スミレ=女王、ユリカ=白雪姫という構図を見て取ることができます。

スミレは鏡の中にユリカを見て、「確かに、今は藤堂先輩には敵わないかもしれない。でも、それでも。いつかはきっと!」と答えます。この「いつかはきっと」は、挿入歌である『タルト・タタン』の印象的なフレーズであり、また20話『ヴァンパイア・スキャンダル』でユリカが魔夜に言った「でも、きっとそうなる」を想起させもする言葉ですが、ここでは、スミレの持つ野心が、童話の女王が持つそれに擬えられて発露されたものとして理解できます。

童話の女王は世界一美しい存在でありたいと強く願う人物であり、それゆえに、白雪姫を毒リンゴで殺そうとします。「いつかはきっと」世界一美しい存在になりたい――童話の女王が持つそんな野心と、「いつかはきっと」ロリゴシックを世界一愛する存在となりたいというスミレの野心が、この台詞のもとに重ねられているわけです。

女王は白雪姫を殺すことによってその野心を満たそうとしますが、対するスミレはどう行動するでしょうか。つづく魔夜の部屋でのスミレ・ユリカ・魔夜三者の言動を追ってみましょう。

 

ついに魔夜と対面したスミレは、魔夜にプレミアムドレスを見せられて、そのドレスにリンゴがついていることをひとしきり喜びます。そんなスミレに対し魔夜は、「実はそのリンゴ、つけるかどうか最後まで迷ったんだ。だって物語の中では、白雪姫を危機に陥れる毒リンゴ」と語りますが、これを聞いたユリカは、何かに気づいたようにハッとした表情を見せます。

f:id:yoshidastone:20150914045941j:plain

f:id:yoshidastone:20150914045949j:plain

ここでユリカが気付いたこととは何でしょうか。

ユリカはロリゴシックというブランドを深く理解しているので、魔夜が白雪姫のドレスにダークなモチーフであるリンゴの刺繍をあしらうことに対して、驚いたりはしないはずです。スミレがそう考えたように、ユリカもリンゴがついているのが自然と考えていたでしょう。むしろ、ついているのが自然なはずのリンゴについて、魔夜が迷った素振りを見せたことにこそ、ユリカは違和感を覚えるはずです。ユリカは魔夜の「迷った」という発言の真意に思いを巡らせ、そこで何かに思い至り、このように表情を変化させたのだと考えられます。

ユリカは、「ユリカに似合いそうな 新作ドレスが出来たよ」という魔夜のメールと、魔夜の新作が白雪姫モチーフであると知っていたことから、魔夜の創作の世界において自分こそが白雪姫であると理解できる立場にいたことが示されています。とすれば、「実はそのリンゴ、つけるかどうか最後まで迷ったんだ。だって物語の中では、白雪姫を危機に陥れる毒リンゴ」という魔夜の発言について、ユリカは白雪姫を自身に置き換えて解釈することができます。つまり、ドレスにリンゴをつけることは、白雪姫であるユリカが危機に陥ることを意味する――これが、魔夜の発言に対する、ユリカがとった解釈と考えられます。

その危機とは、新作のプレミアムドレスがユリカの手に渡らなくなることでしょう。魔夜がスミレに問うたリンゴの是非とは、ユリカからドレスを奪うことに対するスミレの覚悟をあらためて問うものだった、ということに気付き、ユリカは目を見張ったのだと考えられます。

問われたスミレは、表情を曇らせます。これは、魔夜の問いかけの含意に気が付いたことの表現でしょう。プレミアムドレスを得るためにはドレスをユリカから奪わなくてはならない。それはCM撮影の控室で、ユリカから「あなたもロリゴシックのプレミアムドレスを狙っているってわけね」と言われた時からわかっていたはずのことでした。

その覚悟が、魔夜の口からあらためて問われます。「白雪姫のドレスにつけるのはどうかな?って」覚悟ができていなかったためか、スミレの表情は曇った表情のままです。そんなスミレの暗い表情を打ち消すように、ユリカはわずかに微笑みかけながらスミレに優しく返答を求めます。「氷上はどう思う?」

そのユリカの言葉に背を押されてか、スミレは「変じゃありません!」と叫ぶように言い放ち、ドレスのリンゴを、ぎこちなくも力強く肯定します。高みに立つユリカを超えていくために、どうしてもプレミアムドレスを必要とするスミレは、ユリカという白雪姫から「世界一」を奪い取るための「毒リンゴ」つきのドレスを肯定したのでした。

そしてスミレは、言い放った勢いのままテーブルへと近づき、持参した焼きリンゴを更に盛りつけ、ユリカたちに差し出します。

f:id:yoshidastone:20150911034411j:plain

ユリカという白雪姫へと供されるリンゴ――。スミレは、魔夜の世界ではユリカこそが白雪姫であることを踏まえた上で、白雪姫を超えてゆこうとする女王としての自分を、焼きリンゴという小道具をユリカに差し出すことによって表現してみせたのでした。

ユリカはスミレが屋敷に入る前に、ロリゴシックのプレミアムドレスを着る者の条件を「このブランドを愛し、理解し、その世界の住人になれる者だけ」と語っています。

f:id:yoshidastone:20150914050721j:plain

f:id:yoshidastone:20150914050729j:plain

スミレが焼きリンゴにこめた想いは、その条件全てに応えています。

「愛」について。スミレにとってはロリゴシックへの愛は姉への愛と深く重なるものであり、その姉から教わった焼きリンゴをつくることによってロリゴシックへの愛を表現しています。

「理解」について。ロリゴシックの作風を理解していることを、白雪姫における「リンゴ」という少し残酷すぎるようなモチーフを敢えて手土産に持って行くことによって表現しています。

「世界の住人」について。ユリカこそが魔夜の世界の白雪姫であることを十分に把握し、スミレ自身が魔夜の世界における女王となろうとしていることを、ユリカという白雪姫に毒リンゴを食べさせようと振る舞うことによって表現しています。

スミレが全ての条件を満たしたことに満足したユリカは、プレミアムドレスをスミレへ渡すよう魔夜に促します。それを受けて魔夜はユリカに「ユリカはいい先輩になったね」という賞賛を送ります。

この台詞によって、いかにユリカがスミレをいかに丁寧に導いてきたかが改めて思い出されます。スミレがロリゴシックに愛を伝える手段に焼きリンゴを選んだのは、ユリカに魔夜は甘いモノが好きと教わったからですし、ドレスにリンゴがついてると確信できたのも、ロリゴシックに対するスミレの理解をユリカが「鋭い」と認めたからです。焼きリンゴを用いたお芝居めいた表現も、当惑するスミレに対してユリカが微笑みながら「氷上はどう思う?」と促したおかげでできたことであるように思われます。

 

憶測が大いに混じりますが、ユリカは訪問前日、スミレに同伴の許可を与えた後に、魔夜に対してスミレという新しい後輩に新作プレミアムドレスを譲りたい旨とそれに対する謝罪を伝えていたものと考えられます。

「スノープリンセスコーデ」はユリカのために作られたコーデでした。それは、ユリカがドレス制作の進捗を把握していたことや、ドレスのモチーフが白雪姫であることを発表より先んじて知っていたことからも伺えます。魔夜とユリカの二人で、時間をかけて作り上げてきたドレスだったのでしょう。そして、急にそのドレスを後輩に譲ろうとすることが、魔夜に対してどれほど失礼な振る舞いであるかを理解できないユリカではありません。

ユリカは魔夜に無理を言ってスミレへのドレスの譲渡を申し出たわけですが、だからこそ、魔夜に言われた「いい先輩になったね」という言葉がユリカには深く響いたことと考えられます。これはユリカの下した選択に対する魔夜の赦しであり、祝福でもあります。この言葉を聞いた時、ただその時だけは、ユリカの表情が吸血鬼の顔でもなく、先輩の顔でもなく、ただロリゴシックと魔夜を敬愛するひとりの少女の顔になるのでした。

f:id:yoshidastone:20150911034546j:plain

 ■

スミレの強い想いがユリカの導きによって、リンゴを介して伝わる――

ユリカの先輩としての素晴らしさ、そしてスミレの想いの強さが、技巧に富んだ脚本と繊細な演出によって描き切られたこの108話は、間違いなくアイカツ!を代表する名エピソードのひとつといえるでしょう。

 

 

その他各部

このエピソードは20話「ヴァンパイア・スキャンダル」と、89話「あこがれは永遠に」を踏まえた内容になっていますので、その2話を見返してから観るとまた一段と面白く観ることができると思います。

ユリカ=白雪姫、スミレ=女王として捉えると、序盤のスミレによるにんにくラーメンの差し入れもまた、『女王が白雪姫に毒リンゴを食べさせる』ことのメタファーであると捉えることができます。吸血鬼のユリカにとってにんにくが毒であるともいえますし、20話「ヴァンパイア・スキャンダル」において、ユリカにんにくラーメンの出前を受け取っている写真がスキャンダルとして週刊誌に載ったことを踏まえれば、ユリカに対して、にんにくラーメンは強い毒として機能するものということになります。

f:id:yoshidastone:20150911022626j:plain

(20話のスキャンダル記事。この記事は89話でも言及される)

 

しかしかつて20話でユリカを苦しめたこの「毒リンゴ」を、ユリカは髪をおろし、素のユリカへとキャラをパッと切り替えて平らげてしまいます。

f:id:yoshidastone:20150911030323j:plain

この素のキャラをためらいなく見せるユリカからは、89話で知り合った少女に素の姿を見せて勇気を与えたエピソードが思い出されます。

f:id:yoshidastone:20150911030304j:plain

89話のCMの撮影で、ユリカがロリゴシックとハッピーレインボーの二つのドレスを巧みに着こなしていたことに端的に示されていたように、ユリカは吸血鬼と素の少女の異なるキャラクターを行き来しながら、どちらもきちんとユリカであるという風に振る舞うことが可能となっています。

f:id:yoshidastone:20150911023441j:plain

成長したユリカのもつこの強さが、スミレに新作のプレミアムドレスを譲る余裕の下地となっていると考えられます。20話の時はスキャンダルと立ち向かうためにどうしてもプレミアムドレスを必要とするほど弱かったユリカが、89話では自分から素の姿をさらすことができるほど強くなり、そして108話ではにんにくラーメンという毒リンゴさえも平気に平らげることができるようになっていたのでした。魔夜の言うところの「白雪姫を危機に陥れる毒リンゴ」さえも今のユリカなら平らげてしまうことができること、つまり、もはや後輩にプレミアムドレスを譲って自分が得られなくても大丈夫なほどにユリカは強いということが、このにんにくラーメンのくだりで示されているのです。

102話の時点のスミレにとって、アイカツ!とは、他の人と衝突し、傷つけ合うものでした。そのため、スミレは他人を恐れながらアイカツをする、ひとりぼっちの少女でした。しかし、あかりとの出会いをきっかけに、スミレは誰かとアイカツをする喜びを知ります。このスミレの成長がなければ、スミレは「おかしくありません!」と叫ぶことはできなかったでしょう。毒リンゴの肯定はユリカとの衝突を意味します。他者との衝突を恐れながらも、立ち向かい乗り越える喜びをあかりと共に知ったからこそ、スミレはリンゴを力強く肯定することができたのです。

また、スミレが臆病さを克服するという構図が、144話のドッキリ回(魚を克服)でも再び示されていたことから、この「臆病の克服」を、スミレというキャラクターの成長の主軸とみることが可能でしょう。

DCDアイカツ!における白雪姫のロマンスを持つコーデは以下の5種。

ウィキッドミラーコーデ

f:id:yoshidastone:20151019171059p:plain

 

ガーリードワーフコーデ

f:id:yoshidastone:20151019171114p:plain

 

スマイルドワーフコーデ

f:id:yoshidastone:20151019171255p:plain

 

ポイズンアップルコーデ

f:id:yoshidastone:20151019171320p:plain

 

スノープリンセスコーデ

f:id:yoshidastone:20151019171358p:plain

 

スノープリンセスコーデ以外のものに目を向けると、コーデのモチーフは魔法の鏡、小人、小人、毒リンゴ、となっていますが、主要な登場人物であるはずの「女王」をモチーフとしたものがありません。

この役柄のチョイスは、スノープリンセスコーデが「白雪姫」と「女王」の両者が着られるドレスであることを暗に示すものと考えられます。

白雪姫のためにデザインされたドレスを女王として着る。スミレが見せたそんな新しい可能性にユリカも魔夜も心を動かされたからこそ、ユリカは「私、氷上スミレがあのドレスを着てるところが見てみたい。魔夜さんもそう思ってるんでしょ?」と魔夜に語り、魔夜も「あなたに任せる。上手に着こなして」とスミレにドレスを託したのではないでしょうか。スノープリンセスコーデを女王として着ることは、白雪姫のためのドレスというデザインからの逸脱ではありますが、その逸脱をも認めてドレスを託す魔夜の姿勢が「あなたに任せる」の一言にこめられているとも考えられます。

フォトカツの PR[恋するリンゴ]氷上スミレ はスミレがスノープリンセスコーデを着ているのですが、鏡のこちら側と向こう側で違うポーズ・違う表情となっているのが印象的です。

f:id:yoshidastone:20160615034203j:plain

無垢な笑顔を浮かべる少女と、鏡の向こうに居る妖しげに微笑みながらリンゴ片手にその少女を横目に眺めるもう一人の少女、というのは、白雪姫とそれを鏡の向こうから見つめてリンゴを食べさせようとする女王、というイメージとぴったり重なるものではないでしょうか。ここからも、スノープリンセスコーデが白雪姫と女王の両者のイメージを併せ持つドレスだと考えられます。

これめちゃくちゃ欲しいんですけど引けてないんですよね……。引きたい……。PR4%またきて……。

魔夜の館でスミレたちの前に立ちはだかる試練たちは白雪姫をモチーフにしたものが多いですが、それらの内実は20話の時にユリカの前に立ちはだかったものと似通っています。急に現れて驚かせてくるネコ、老婆を羽交い締めにする仲間、驚かせる役のアルバイトが実はアイドルファン、壁の向こうからのマイクを使った試練、という要素が共通しています。

f:id:yoshidastone:20151019143408j:plain

f:id:yoshidastone:20151019142510j:plain

f:id:yoshidastone:20151019142549j:plain

上から20話、89話、108話でユリカ様が見せる笑顔。かわいい。

『タルト・タタン』のステージの最後、鏡が割れる描写があります。白雪姫のヴァリエーションのひとつに、物語の最後に鏡が割れて女王が死んでしまう、というものがあります。108話のスミレが白雪姫における女王であることからすれば、これもまたロリゴシックらしい、ダークな表現というふうに見ることも可能かもしれません。が、103話のステージなどと比較するとその解釈はちょっと違うかな、という感じがします。

『タルト・タタン』は103話→108話→117話と3つのステージで用いられる曲で、その3つのステージでそれぞれ表現が異なっています。主に着目したいのは「反転」です。ごちゃごちゃテキストを観てもピンと来ないかもなので、比較動画を貼っておきます。これを観ながら読んでもらえるとわかりやすいと思います。

 

www.youtube.com

 

103話

初め:向かって左にリボン。

スペシャルアピール後:衣装が反転。ダンスの振り付けも反転。

鏡に触れる:衣装も振りも戻る。

最後:鏡が割れる。

 

108話

初め:向かって右側にアップルクラウン。

スペシャルアピール後:衣装が反転。ダンスは反転しない。

鏡に触れる:衣装が戻る。触れるときにウインクする。

最後:鏡が割れる。

 

117話

初め:向かって右側に帽子、衣装の右側にリボン。

今まで木の影に隠して見せなかった「読み取れない万華鏡」の振りをきっちり見せる。

スペシャルアピール後:衣装、ダンス共に変化なし。

「彼は私を」のところで、180度転回し、鏡に向かって踊り始める。

「好きになる~」のところで、カメラが鏡に映るすみれの瞳にズーム。

 →瞳がフェードしていき、反転した衣装をまとったスミレが映る。ダンスは反転せず。

鏡に触れる:衣装が戻る。これまでとは違い、鏡の中の自分を見るのではなく、鏡の横からスミレを撮っているカメラに目線をやっている。

最後:カメラが鏡の裏側に回りこみ鏡を映すと、あたかも鏡が透明な硝子になったようにスミレを映す(衣装も振りも反転せず)。

背景には合わせ鏡がスミレを挟んでいると思しき光景が映される。

 

・103話verと108話verの差

103話と108話の主な違いは、103話はスペシャルアピールの後に衣装と一緒にダンスの振付も反転してしまうが、108話は衣装だけが反転してダンスは反転しない、というものです。衣装が反転していることから、これらのスペシャルアピール後のシーンでは「鏡に映ったスミレ」を映しているのだと思われますが、その場合ダンスも反転している方が自然なはずです。つまり、103話ではスミレは普通に踊っていて、それが鏡に映ったものをカメラが写しとっているが、108話では、スミレはスペシャルアピール後、敢えて左右逆の振り付けで踊っているということになります。これは何を意味しているのでしょうか。

これは、スミレがカメラが何を写しているかを理解し、それに合わせて動きを変えられるようになった、ということを意味しているのではないでしょうか。

 

・108話verと117話verの差

117話ではほとんどのカットでカメラの位置が変更されています。最も特徴的なのは「読み取れない万華鏡」の振りが今まで見えないように物陰で隠していたのが見えるようになっていることでしょう。これは117話verの最後のカットが合わせ鏡のスミレであることと、万華鏡が複数枚の鏡を組み合わせた合わせ鏡の一種であることとの重ねあわせであるとみることができます。『鏡』というオブジェクトに対して、117話のスミレが習熟していることの表現といえるでしょう。最後のシーンの鏡だったはずのものが、あたかもマジックミラーであるかのように透過してスミレの姿を映し出すのも、『鏡』とスミレの関係の発展を示す描写と思われます。

また、103話と108話の間にあった『カメラ』についての習熟も更に進んでいます。それを示すのが、鏡に触れるところの描写の差異です。108話では鏡に写った自分に対してウインクをしていますが、117話では鏡の脇にあるカメラに目線をやっています。その他にも117話verではカメラの位置を強く意識したカメラ目線などが多く見られることから、『鏡』と同様に『カメラ』とスミレの関係もまた発展しているといえるでしょう。

 

・これらの違いは物語とどう関連しているのか?

というのを姉のあずさとスミレの関係、あるいは歌とモデルのどちらを選ぶかの問題などから考えてみたのですが、うまく説明できるような理屈が考えつきませんでした。単純にスミレがステージに習熟した、というだけにしてはかなり細やかな描写なので、何らかの意図があるとは思うのですが。ひとまずはこれからも考えていく課題として残しておきたいと思います。

 

追記:「アイカツ!ステージビジュアルブック」のインタビュー記事にて、3DCGディレクターの北田伸氏がタルト・タタンの3回目の演出について、

「1回目と2回目はデータカードダスと同じ演出にしたんですが、3回とも同じ見せ方にしてしまうと飽きられてしまうと思ったので、3回目は合わせ鏡を取り入れるなど大きく演出を変えたんです。本当にそれだけで、あまり深い意味をもたせていませんでした。」(P99)

と言及してらっしゃるので、合わせ鏡については深い意図はないということのようです。はっきりしてスッキリしたような、肩透かしを食ったような……。