末吉日記

マンガとアニメのレビューとプリズムの煌めき

『新緑のラルゴ』に見るガルパシナリオの技巧

f:id:yoshidastone:20180412021903p:image

紗夜が「正しく弓を引く」と言うとき、それを聞くわれわれの胸中には、「正確にギターを弾く」紗夜の姿が立ち現れる。

弦を介して連想をうながすこの暗喩表現こそが、『新緑のラルゴ』のストーリーを決定的に素晴らしいものにしている、というのが本稿の主張だ。どういうことか、以下明らかにしていく。

 

「正確にギターを弾く」こととは、『秋時雨に傘を』において紗夜が思い悩まされた自身の特性であり、また紗夜が到達した結論でもあった。

f:id:yoshidastone:20180412022658p:image

自らの「正確な」演奏を、日菜の自由なそれと比べてつまらなく思い、もがき苦しんだ紗夜。

f:id:yoshidastone:20180412022909p:image

日菜との諍いの果てに、紗夜は苦しみながらも、正確さをもって精進し続けるという結論を出した。

「秋時雨」は、そんな紗夜の苦闘を描いたストーリーであった。だから、正しく弾き続けることこそが自分の歩むべき道であると定めた紗夜の語る「正しく弓を引く」には、「秋時雨」の雨音が混ざって響くのである。

 

また、「正しくひくこと」は、燐子と紗夜を結びつける要素でもある。

「秋時雨」において燐子は、悩み苦しむ紗夜にシンパシーを、そしてそれを受け入れながら前へ進む紗夜に憧れを抱いていた。

f:id:yoshidastone:20180412030259p:image

f:id:yoshidastone:20180412030319p:image

「[微かな心配]白金 燐子」の「自由に憧れるのは」。紗夜の「正確すぎる」という悩みに共感する燐子。

f:id:yoshidastone:20180412023435p:image

f:id:yoshidastone:20180412024151p:image

同じく「[微かな心配]白金 燐子」の、「ボレロを奏でて」。正確さを貫き通す覚悟を決めた紗夜の演奏に、燐子は感銘を受け、憧れるようになる。

燐子は紗夜の「正確さ」を媒介に紗夜を理解し、また、紗夜への憧れを抱く。「ラルゴ」において燐子が「正射必中」を成し遂げてみせるのは、燐子が憧れへと向かって新しい一歩を踏み出せたことの、この上なく鮮やかな表現なのである。

 

弾くこと/引くこと。ギター、弓、そしてピアノへ……。先を歩む紗夜から燐子へと伝わってゆく、優しさに溢れた教え。

過去への参照が織り成す美しい比喩へ存分にひたれる『新緑のラルゴ』、本当に素晴らしいシナリオである。