末吉日記

マンガとアニメのレビューとプリズムの煌めき

『新緑のラルゴ』に見るガルパシナリオの技巧

f:id:yoshidastone:20180412021903p:image

『新緑のラルゴ』で氷川紗夜は白金燐子に「正射必中」の精神を語る。正しく弓を引くことこそが目的であり、的に当たるのはただの結果でしかない。周囲の期待に応えようとしすぎないこと。ただひたすら、正しいことをなすべきだということ。

正しくひく――と紗夜が語るとき、そこにはギターを正確に弾く『秋時雨に傘を』の紗夜の姿が影のように立ち現れ、弓道着姿の紗夜と二重写しとなる。弓とギターという紗夜の二つの得物は、ともに弦を持ち、「ひくこと」にまつわる。

「ラルゴ」の紗夜の弓道は、「秋時雨」の紗夜を呼び出す機能を持たされた隠喩である。正しく弾き続けることを決めた紗夜の信念の象徴である。

 

f:id:yoshidastone:20180412022658p:image

「秋時雨」で、自らの「正確な」演奏を、日菜の自由な演奏と比べてつまらなく思い、もがき苦しんだ紗夜。

f:id:yoshidastone:20180412022909p:image

日菜との衝突の果てに紗夜は、正確さをもって精進し続けるという結論を出した。

だから、正しく弾き続けることこそが自分の歩むべき道であると定めた紗夜が正しく弓を引くというときには、そこに「秋時雨」の雨音が混じって響くのである。

正しくひくことは、「秋時雨」の燐子にとっても重要な要素である。

「秋時雨」において燐子は、正確すぎることに悩み苦しむ紗夜へ共感を抱き、そしてそれを受け入れながら進む紗夜に憧れるようになる。

f:id:yoshidastone:20180412030259p:image

f:id:yoshidastone:20180412030319p:image

「[微かな心配]白金 燐子」の「自由に憧れるのは」。紗夜の「正確すぎる」という悩みに共感する燐子。

f:id:yoshidastone:20180412023435p:image

f:id:yoshidastone:20180412024151p:image

同じく「[微かな心配]白金 燐子」の、「ボレロを奏でて」。

燐子は、正確さに苦しむことへの共感から紗夜を理解し、それを乗り越えた紗夜への憧れを抱く。「ラルゴ」において燐子が正しくひくことーー紗夜の「正射必中」を成し遂げてみせるのは、燐子が憧れへと新しい一歩を踏み出せたことを鮮やかに表現するものなのである。

 

そして燐子はピアノのコンクールへと向き合い始める。

正確に弾くことから、燐子はもう逃げない。

 

過去のイベントへの参照を暗喩で織り込み、それぞれのキャラクターが経てきた変化の文脈で以って、新たなる変化を描き出す。この構造こそが、ガルパのシナリオを味わい深いものとしている技巧なのである。