末吉日記

マンガとアニメのレビューとプリズムの煌めき

青葉モカは国語が得意

ガルパの、Afterglowバンドストーリー2章である『ツナグ、ソラモヨウ』をラストまでプレイしました。全編はちゃめちゃに面白かったのですが、その中で一箇所、この表現は凄いぞ!と思ったシーンがありましたので、そこについて語っていきます。

以下ネタバレがありますのでご注意ください。

 

 

今回のストーリーについて良いところを上げ始めるとキリがないのですが、これは!と唸らされたのはこのシーンでした。

f:id:yoshidastone:20180912034344p:image

第3話。蘭はスタジオで新作の詞を披露しますが、Afterglowのみんなの心には届きませんでした。その帰り道にモカは、蘭の歌詞を背伸びと評し、加えて「あたしは国語が得意だから、なんでもわかっちゃうんだな〜」と口にします。

「国語が得意」。このセリフがめちゃくちゃエモいんですよ。というのも、モカの「国語が得意」は、『夕影、鮮明になって』第3話の「あたし、国語得意だからさ」を参照し、反復するものだからです。

f:id:yoshidastone:20180912035135p:image

この反復がどういった意味を持つかについて考えるために、まず「夕影」での「国語が得意」をしっかり読んでいきたいと思います。

「夕影」はAfterglowの面々が中学2年生の頃のお話です。クラスで孤立した蘭は、寂しさを詩にしてノートに書きつけていました。その詩を読んだモカは、蘭の心情を、そして蘭が詩を書くことの意義をすみやかに理解します。

f:id:yoshidastone:20180912040728p:image
f:id:yoshidastone:20180912040733p:image

他人の言動を読み解き、気持ちを察する能力に長けているモカ。「国語が得意」にはまず、この能力を自賛する言葉という側面があります。

ただ、続けて「国語が得意」に対してもう一つの見方が示されます。それは、モカの国語能力の欠如を皮肉めいて示すフレーズでもある、ということです。どういうことか、続く会話を見ていきましょう。

f:id:yoshidastone:20180912041441p:image


f:id:yoshidastone:20180912041445p:image
f:id:yoshidastone:20180912041450p:image

ここでは、モカの国語能力の欠点について語られています。「読み解くのと書くのはまた別」。これはすなわち、モカが自分の気持ちを言葉にするのが苦手であることを意味します。

モカの口下手さが表出する代表的なエピソードといえば、バンドストーリー1章第14話で蘭にケンカを売るくだりでしょう。

f:id:yoshidastone:20180912042952p:image
f:id:yoshidastone:20180912042954p:image

このときのことが、2章第8話でモカ自身によって「あんまり、うまく言えなかったけど」と振り返られていることから、モカは思いをうまく言葉にできないたちであると自覚していることが改めて示されます。

f:id:yoshidastone:20180912044554p:image

モカの口下手さは「夕影」、1章、2章にわたって響き続ける通奏低音であり、であるがゆえに、「国語が得意」にはネガティブなニュアンスが顔をのぞかせます。

蘭の思いを誰よりも理解できることを自負しつつも、思い悩む蘭に対してなんの救いの言葉も与えられないことを自嘲する。この引き裂かれた思いをモカちゃんジョークのフィルターに通して出てきたものが「国語が得意」なのだと捉えることができるでしょう。

 

f:id:yoshidastone:20180912042006p:plain

「夕影」第3話でモカが語った、反実仮想めいたモノローグ。2章第7話、公園での蘭の慟哭はまさに、その「いつか」となるべき時だったでしょう。

f:id:yoshidastone:20180912050520p:image

しかし、「国語が得意」なモカは、やはりうまく言葉を紡ぐことができません。

 

「国語が得意」というワンフレーズを反復させることによって、誰よりも蘭を理解できるがゆえに蘭を救うことのできない自身の無力さを強く感じてしまうというモカ、という主題をまざまざと暗示してみせる。

これはめちゃくちゃ良い表現だと感じましたので、このワンシーンを2章イチ推しのシーンとして選びたいと思います。