末吉日記

マンガとアニメのレビューとプリズムの煌めき

雑記#3 青葉モカは国語が得意

先日のガルパスクショリプの記事は読み返すと色々な部分が甘々だったのですが、いつも通りちまちまと編集で改稿する…のはもうやめて、あれを叩き台に別の新しい記事を作りたいと思っています。雑記でざっくり書いて、後から個別記事でリライト、という方法を「新・いつも通り」にしたいなと考える所存です。

 

というわけでガルパの、Afterglowバンドストーリー2章である『ツナグ、ソラモヨウ』をラストまでプレイしましたので、その感想を書いていきます。以下にはネタバレがありますのでご注意ください。

 

 

今回のストーリーについて良いところを上げ始めるとキリがないのですが、特に印象に残ったところを一つだけ挙げるとするなら、このシーンを選びます。

f:id:yoshidastone:20180912034344p:image

第3話、スタジオで蘭は新作の歌詞を披露したものの、Afterglowのみんなの心には届きませんでした。その帰り道に、モカは蘭の歌詞を背伸びと評した流れでモカは「あたしは国語が得意だから」と言います。

この「国語が得意」は『夕影、鮮明になって』第3話の「国語得意」を参照するものと考えられます。

f:id:yoshidastone:20180912035135p:image

寂しさを詩にしてノートにぶつけていた中2の頃の蘭。その詩を読んだモカは、蘭の心情を、そして蘭が詩を書くことの意義を理解します。

f:id:yoshidastone:20180912040728p:image
f:id:yoshidastone:20180912040733p:image

他人の言動を読み解き、気持ちを察する能力に長けているモカ。「国語が得意」と自称するのはただの自賛であるかのように思えますが、しかし、このシーンでは同時に、モカの国語能力の欠点も語られています。

f:id:yoshidastone:20180912041441p:image


f:id:yoshidastone:20180912041445p:image
f:id:yoshidastone:20180912041450p:image

読み解くのと書くのはまた別。これはつまり、モカが他人の言動からその気持ちを推し量ることが得意でありながら、自分の気持ちを言葉にするのが苦手であることを意味します。

モカの口下手さは、バンドストーリー1章14話で蘭にケンカを売るときの語調の覚束なさからも見てとれます。

f:id:yoshidastone:20180912042952p:image
f:id:yoshidastone:20180912042954p:image

このときのことを、2章8話でモカは「あんまり、うまく言えなかったけど」と振り返っています。

f:id:yoshidastone:20180912044554p:image

 

つまり、モカの言う「国語が得意」とは、自分が蘭の思いを十分に理解していることの自負でありながら、同時に、思い悩む蘭に対して投げかけられる言葉を持たない自分自身への自嘲をも含む、複雑な響きを持つフレーズということになります。

f:id:yoshidastone:20180912042006p:image

助けてあげられたら、いいのになあ。「夕影」でモカが漏らした、反実仮想めいたモノローグ。そして、2章7話において、その「いつか」になるかもしれなかった、公園での一幕がありました。

f:id:yoshidastone:20180912050520p:image

「国語が得意」なモカは、やはり、うまく言葉を紡げないのでした。

 

「国語が得意」というたったワンフレーズによって、誰よりも蘭を理解できるがゆえに自身の無力さを強く噛み締めてしまうというモカの引き裂かれた内面を思い起こさせ、先の展開をまざまざと暗示する。これはちょっとすごい表現だなと私は感じましたので、2章イチ推しのシーンに、ここを選びたいと思っています。