末吉日記

マンガとアニメのレビューとプリズムの煌めき

【階段式純情昇降機】杜野凛世 「某日、入り前」を読む

【階段式純情昇降機】杜野凛世の1つ目のコミュ「某日、入り前」を読解していきます。

シャニマス、とくに杜野凛世のプロデュースアイドルカード全般に関するネタバレがあります。

 

f:id:yoshidastone:20210520194849p:plain

 

 

 


コミュ1:「某日、入り前」

f:id:yoshidastone:20210521062638p:plain

f:id:yoshidastone:20210520204733p:plain

冒頭、凛世は「でろー…………」と連呼する。エスカレーターを背景に、プロデューサーは「こんな場所で」と笑う。二人が会話を交わすのが、仕事先の建物内であることがうっすらと(のちにはっきりと)示される。凛世が「こんな場所」にそぐわない「でろー……」を繰り返し口にするのは、いったい何故なのだろうか。

 

f:id:yoshidastone:20210520195255p:plain

回想にて。寮の前に停めた車内で、凛世の眉間に刻まれたしわを見たPは、オンとオフ、仕事とプライベートの切り替えをするよう凛世に促す。

オフへの切り替え方として、プロデューサーは凛世にバターやチョコレートソースが溶け出す光景を想像させて、リラックスを促す。これは余談だが、頭の上に載せた蘇(バターかクリームチーズのようなもの)が溶け流れる想像をする、「軟酥の法」という瞑想法が実際にあるのだそうだ。

「と、トーストの上で…… とろっと溶ける……バター……」

と、目を閉じて復唱する凛世の姿をみて、わたしは水色感情Trueの「R&P」を想起した。

 

「R&P」のRとPがなにを意味するかについては諸説あるが、わたしはそのひとつに「Record and Play」が含まれると解釈している。「R&P」では、プロデューサーの言った「自慢のアイドル」というフレーズを大切に記憶し、そのフレーズをあらためて口にすることで喜びにひたる凛世の姿が描かれる。

f:id:yoshidastone:20210520233134p:plain

記憶して、口にする。喜びが再生される。凛世はレコードであり、そっと針を落とすと、胸のうちから溢れる水色の感情を載せた声が流れる。プロデューサーがその心をわかることはない。しかし、プロデューサーはその音を、わかるまで聴く。

 

水色感情に対するこのような解釈を許すなら、プロデューサーの言葉を復唱するという行為は、凛世にとっては単純な音の反復ではない。その行為には、凛世だけがひそやかに味わう喜びが含まれているのだ。

 

続く「でろーっと広がるチョコレートソース」で凛世は笑ってしまい、復唱に失敗する。プロデューサーが繰り出した独特なオノマトペがツボに入ってしまったのだ。プロデューサーはお互いの抱いている「チョコレートソースのかかったパンケーキ」のイメージに齟齬があるのではないかと的はずれな懸念を抱くが、凛世は軽やかに否定したのち、「でろーーっ」というオノマトペを弄びはじめる。

この凛世のお気に入りとなった「でろーっ(と広がるチョコレートソース)」というフレーズには、ある象徴的な意味を見出すことができる。

それは、「仕事とプライベートの中間領域」だ。

まず、このフレーズは仕事場から寮へと送り届ける車内という、ちょうど仕事とプライベートの境界であるような場所で凛世に与えられた。そして、このチョコレートソースのイメージはオンとオフの切り替えを促す手段として凛世に与えられた。パンケーキに温められて次第に粘性を低めていくチョコレートソースの連続的な状態変化が、「仕事」と「プライベート」の間をなめらかに推移することの象徴であるのだ。

 

回想が終わり、エスカレーターに背景が戻る。「でろーーっ」を繰り返し口にする凛世をたしなめようとするプロデューサーへ、凛世はこう応える。

「ここを……のぼりきったら……」

f:id:yoshidastone:20210520231017p:plain

ここで、凛世のたくらみが明らかとなる。

エスカレーターという、離れた二つの階層を連続的につなぐ機械の上で、のぼりきるぎりぎりの直前まで「でろーーっ」と繰り返すこと。それは、仕事とアイドルという二項のはざまで、その狭間においてのみ成立するプロデューサーとの関係を、懸命に愛おしむ所作にほかならない。

仕事の上ではプロデューサーとアイドル。プライベートではただの人と人。だけど、そのあわいにわずかだけ、新しい関係が生じる可能性がある領域が存在する。そこに凛世はそこに思いを懸けて、チョコレートソースを溶かすのだ。

 

 

TRUEコミュについてもそのうち書く予定です。